アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宇宙」のブログ記事

みんなの「宇宙」ブログ


冥王星が惑星から降格

2006/08/25 11:34
「冥王星は格下げ・惑星は8個、国際天文学連合が採択」(読売 Yomiuri Online)

 惑星の定義について検討を重ねていた国際天文学連合(IAU)の総会は24日、冥王(めいおう)星を惑星から格下げし、太陽系の惑星を8個とする最終決議案を採択した。

 冥王星を惑星に残した上で11個とする案も提案されたが、他の惑星と軌道や大きさが異質な冥王星は惑星ではないとする意見が多く、否決された。太陽系9惑星のひとつとして長く親しまれてきた冥王星だけに、今回の決議は天文学や教育現場に大きな波紋を呼びそうだ。

 惑星から降格することで、発見以来でもっとも人類からの注目を集めている冥王星。冥王星に意識があれば、地球の生物がこんなに自分に注目していることに驚いていることでしょう。なかでも自国民が発見したために愛着を持っていて、NASAが今年はじめに冥王星探査機を打ち上げたばかりのアメリカ人とセーラープルートがいるために愛着を持っている一部の日本人にとっては特に悲しむべきニュースのようです。

 月面着陸とまではいかないまでも、スペースシャトルの打ち上げ以上には大きな話題になっていますが、この定義が今後の人類の宇宙開発でも大きな意味を持ってくるはずで、千年単位で歴史に影響を与えるニュースです。はるか未来、宇宙空間で領土問題が発生した場合には冥王星が惑星でないことでもめることになる可能性もあります。そのときにはどこかの国の最南端の島のように人工的に大きさや軌道を修正して強引に惑星にしたりということがあるかもしれません。

 ホルストの組曲「惑星」は冥王星発見前に作曲されたために海王星までの7つの地球以外の惑星の名をもつ楽章からなっていますが、2000年にイギリスの作曲家コリン・マシューズによって「冥王星」が作曲されました。東芝EMIから発売されているCDは『ホルスト:惑星(冥王星付き) 』と冥王星がおまけ扱いされていますが、惑星でなくなったいまとなっては逆に的を得たネーミングに思えてきます。

関連:「ニュー・ホライズン」(Wikipedia)
「惑星(組曲)」(Wikipedia)

『ホルスト:惑星(冥王星付き) 』

『Newton (ニュートン) 2006年 09月号』

Book Description
12の「?」が立ちふさがる惑星科学の最前線-太陽系の研究者にも「説明のつかない出来事」を徹底検証/撮影成功!洞窟にひそむシーラカンス-世界2例目・インドネシアでとらえた“生きている化石”の姿を一挙掲載!/[創刊300号記念★第3弾★]量子論Q&A-読者の疑問に答えます!

『太陽系シミュレーター』

内容(「BOOK」データベースより)
太陽系内での過去・現在・未来2万年間の天体現象を、あらゆる地点、角度から見ることができる画期的3D・CG。あの日、あの時、あの地点で、星々はどのような瞬きをみせるのか。日食や月食、流星雨はどのように見えるのか。

『NASA太陽系生命探査機驚異の記録』

出版社 / 著者からの内容紹介
大迫力映像(DVD)+詳細データ(BOOK)!!
あなたを宇宙空間へご招待!!理科教材にも最適!!
土星の衛星「タイタン」への「ホイヘンス」着陸、「スピリット」「オポチュニティー」の火星探査など、NASAの挑戦全記録!!
地球上の「生命はどこからきたのか」。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


宇宙のできごと 06/05/24

2006/05/24 21:57
「宇宙服:デザインコンテストで上位10作品発表」(毎日 Mainichi Interactive)

 選ばれたのは軽やかさを意識した夢のある作品−−。「スペース・クチュールコンテスト実行委員会」が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の支援で実施した宇宙旅行に着る服のデザインコンテストで、上位10作品が24日、発表された。

 882点の応募から選ばれたのは、筑波大4年、細井麗子さん(22)、大阪モード学園4年、木舟麻美さん(21)らの作品。全員がこれらのデザイン画をもとに、実物の宇宙服づくりに取り組む。9月のファッションショーで最優秀賞を選び、07年に宇宙旅行を企画している米ロケットプレーン社の初飛行で採用される。

 どれだけ素晴らしいデザインでも、穴が開いていたら大変な宇宙服。縫い針の取り忘れには気をつけてもらいたいです。



「「韓国国人初の宇宙飛行士」に名乗りあげた財閥会長」(朝鮮日報)

 韓国人初の宇宙飛行士募集に2万人以上が応募しているが、その中に新世界グループの鄭在恩(チョン・ジェウン)名誉会長(67)=写真=もいることが確認された。

 新世界関係者は「鄭会長は宇宙飛行士選抜に備えサイクリングや山登りで体を鍛えている。人生の最後の熱情を宇宙で燃やしたいという気持ちだと聞いている」と話している。

 さすがに肉体的なことを考慮すると2万人から選ばれる可能性は限りなく低いでしょう。強力なコネはありそうですが。



「米探査機ボイジャー、「太陽圏」のゆがみを発見」(読売 Yomiuri Online)

 米航空宇宙局(NASA)は23日、1977年に打ち上げた探査機「ボイジャー」1、2号の観測によって、太陽から吹き出す粒子が届く範囲「太陽圏」は、宇宙の磁場の影響を受けてゆがんでいることを突き止めたと発表した。

 太陽系の端に近づいた両機は、あと約10年で太陽系を脱出し、初の系外探査へ踏み出す見込みだという。

 人のつくったモノのなかで地球からもっともはなれたところにあるボイジャー探査機、まだまだ旅はつづきます。



「民間宇宙基地の建設ラッシュか 米3州が名乗り」(CNN.co.jp)

 民間ロケットなどの開発が進み、宇宙旅行の商業化が現実味を帯びるなか、米各地で民間宇宙基地の建設計画が浮上している。すでにニューメキシコ、オクラホマ、テキサスの3州が名乗りを上げ、米連邦航空局(FAA)の許可を待っている。

 アメリカ経由宇宙行き。宇宙では宇宙食ですが、出発前も食事はあまり期待できなさそうです。



「すい星墜落で大西洋に大津波発生と警告=仏研究家ジュリアン氏」(Yahoo!ニュース−Business Wire)

 「地球外の科学」などの著書もあるフランス人、エリック・ジュリアン氏が、分裂すい星で有名なシュワスマン・ワハマン第3すい星の破片が5月25日ころ、中部大西洋近辺に墜落、海底火山噴火を引き起こし、その結果高さ200メートルもの津波が発生すると予言した。同氏は、米航空宇宙局(NASA)が同すい星について全く危険はないと発表したことに反論し、科学的データを挙げるとともに、米連邦緊急事態管理局(FEMA)も5月23―25日にかけて津波警報演習を行う予定があることや、ノストラダムスやマザー・シップトンなどの預言者、聖書の記述などもすべてこの時期を示唆しているとしている。

 エリック・ジュリアン氏は元航空管制官だそうです。どうせなら、落ちないようにうまく誘導してくれないものでしょうか?




関連:
 「宇宙のできごと 06/05/13」
 「宇宙のできごと 06/05/05」
 「宇宙のできごと 06/04/24」
 「宇宙のできごと 06/04/13」
 「宇宙のできごと 06/04/07」
 「宇宙のできごと 06/03/30」

『巨大望遠鏡で探る宇宙』

内容(「MARC」データベースより)
世界中の望遠鏡で撮影された美しく神秘的な画像をオールカラーで紹介しながら、我々の住む宇宙の謎をわかりやすく解説。宇宙の神秘や素晴らしさを伝える一冊。天文学の辞典としても役立つ内容。

『宇宙年鑑―Spaceguide (2006) 』 アストロアーツ, 日本宇宙少年団, 的川 泰宣, 毛利 衛

内容(「MARC」データベースより)
宇宙開発・科学探査の最新情報と成果、将来計画を網羅したガイドブック。「はやぶさ」の挑戦の軌跡や、2005年3月から2006年2月までの宇宙関連トピックス、惑星探査機が見た太陽系天体の姿と今後の計画などを紹介。

『オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった』 野口 聡一 (著)

内容(「MARC」データベースより)
地球はやっぱり青かった。「宇宙戦艦ヤマト」への憧れと偶然手にした宇宙への切符。平凡な生活を変えた夢の果てには-。生い立ちから始め、宇宙飛行士の候補生として認定されてから旅の実現までを語る、宇宙を翔けた冒険譚。

『宇宙旅行ハンドブック』 エリック・アンダーソン (著)

内容(「BOOK」データベースより)
宇宙遊泳の仕方、予算で選ぶ宇宙旅行先、宇宙旅行に持っていく物チェックリスト、宇宙酔いを防ぐ方法、新鮮なフルーツや野菜もある最新宇宙食事情、etc.世界初の宇宙観光旅行会社社長が書いた本物の宇宙旅行ハンドブック。

『人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート』 山本 弘 他 (著)

内容(「MARC」データベースより)
「月面映像は実は地上で撮影されたもの!?」「すべてはNASAによるでっちあげ!?」 そんな主張のどこがどう間違っているのかを、書籍「人類の月面着陸は無かったろう論」などの主張を例にとりながら具体的に検証。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


宇宙のできごと 06/05/13

2006/05/13 22:28
「インド初の月探査、米が協力 宇宙分野で“蜜月”」(産経 Sankei Web)

 米国とインドの協力関係が宇宙分野に広がっている。来年打ち上げ予定のインド初の月探査衛星に、米国が最新鋭の観測機器を提供することになった。協力の背景には、米国自身の有人月探査計画に向けた調査の意味合いだけでなく、ロシアの支援を得て米国優位の宇宙開発にくさびを打ち込もうとする中国を牽制(けんせい)する狙いもある。来年は中国や日本も月探査衛星を打ち上げる計画で、米、露に続く“宇宙大国”の座を目指し競争が激しさを増している。

 インド人が月に行く日も近いようです。そのうち筒井康隆の『農協月へ行く』が本当になる可能性も出てきそうです。




「H2Aロケットに相乗りしませんか、宇宙機構が衛星募集」(朝日 asahi.com)

 宇宙航空研究開発機構は10日、国産大型ロケット「H2A」に相乗りさせる小型衛星を募集すると発表した。メーンの衛星を載せても重量に余裕があるときに限るが、打ち上げ費用は無料。重さ数キロの衛星づくりが大学などに広まっており、宇宙機構は「打ち上げ機会を提供して研究を支援したい」とする。

 フジテレビがピンク色のワゴン車を「あいのり」させて、宇宙での恋愛観察を番組にする可能性も。
 



「火星用の宇宙服はトラ模様 米の学生らが試作」(朝日 asahi.com)

 将来の有人火星探査に備え、米国の大学生らが火星探査用の宇宙服を試作、公開した。米航空宇宙局(NASA)が10万ドル(約1100万円)を助成した本格的な研究開発で、学生らは「さらに大きなプロジェクトへの第一歩」と意気込んでいる。

 ノースダコタ大など5大学の学生が1年がかりで開発。ノースダコタ州の「火星に似た荒れ地」で性能や着心地が確かめられた。宇宙空間や月面で着用する重装備の宇宙服と違って重さ21キロと軽量化が図られている。AP通信によると、トラのようなしま模様には「火星の赤褐色の大地の上で、もし宇宙服が汚れても見つけやすい」などの理由があるという。

 阪神戦がある日の阪神、梅田駅近辺では雑踏にまぎれる可能盛大。




「<木星>「赤い目玉」観測に成功、公開 NASA」(Yahoo!ニュース−毎日新聞)

 米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡が、木星に新たに現れた「赤い目玉」の観測に成功し、公開した。木星では、南半球にある「目玉」のように見える大きな赤い斑点(大赤斑)が有名だが、その横に新しい小さな赤い斑点が出現したという。「目玉」の正体は、巨大なあらしが作る渦とみられている。

 コンタクトが合わなかった目玉のおやじの可能盛大。




関連:
 「宇宙のできごと 06/05/05」
 「宇宙のできごと 06/04/24」
 「宇宙のできごと 06/04/13」
 「宇宙のできごと 06/04/07」
 「宇宙のできごと 06/03/30」

『宇宙の果てまで―すばる大望遠鏡プロジェクト20年の軌跡』 小平 桂一 (著)

『宇宙年鑑―Spaceguide (2006) 』 アストロアーツ, 日本宇宙少年団, 的川 泰宣, 毛利 衛

内容(「MARC」データベースより)
宇宙開発・科学探査の最新情報と成果、将来計画を網羅したガイドブック。「はやぶさ」の挑戦の軌跡や、2005年3月から2006年2月までの宇宙関連トピックス、惑星探査機が見た太陽系天体の姿と今後の計画などを紹介。

『オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった』 野口 聡一 (著)

内容(「MARC」データベースより)
地球はやっぱり青かった。「宇宙戦艦ヤマト」への憧れと偶然手にした宇宙への切符。平凡な生活を変えた夢の果てには-。生い立ちから始め、宇宙飛行士の候補生として認定されてから旅の実現までを語る、宇宙を翔けた冒険譚。

『宇宙旅行ハンドブック』 エリック・アンダーソン (著)

内容(「BOOK」データベースより)
宇宙遊泳の仕方、予算で選ぶ宇宙旅行先、宇宙旅行に持っていく物チェックリスト、宇宙酔いを防ぐ方法、新鮮なフルーツや野菜もある最新宇宙食事情、etc.世界初の宇宙観光旅行会社社長が書いた本物の宇宙旅行ハンドブック。

『人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート』 山本 弘 他 (著)

内容(「MARC」データベースより)
「月面映像は実は地上で撮影されたもの!?」「すべてはNASAによるでっちあげ!?」 そんな主張のどこがどう間違っているのかを、書籍「人類の月面着陸は無かったろう論」などの主張を例にとりながら具体的に検証。

『月の記憶―アポロ宇宙飛行士たちの「その後」〈上〉』 アンドリュー スミス (著)

内容(「BOOK」データベースより)
月面を歩いた12人の宇宙飛行士のうち、今も生存しているのは9人だけ。少年時代、月着陸のテレビ中継にしびれるような感動を覚えたジャーナリストの著者は、話が聞けなくなってしまう前に残りのムーンウォーカー全員と面会し、その人生を記録すべきだと思い立つ。「あの旅はかれらをどう変えたのか?アポロ計画にはいったいどんな意義があったのか?」という疑問を胸に。だが、取材を始めた著者はやがて、自分のヒーローたちのあまりに波瀾に満ちた人生を見いだしていく―アポロ宇宙飛行士たちの「現在」に鋭く迫った傑作ノンフィクション。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


土井隆雄さん2度目の宇宙へ

2006/05/06 15:38
「土井隆雄さん07年末宇宙へ 日本実験棟を建設」(Yahoo!ニュース−共同通信)

 地球を回る国際宇宙ステーション(ISS)に日本実験棟「きぼう」を打ち上げる最初のスペースシャトルに、日本人宇宙飛行士土井隆雄さん(51)の搭乗が決まった。打ち上げは2007年末の見通し。米航空宇宙局(NASA)のグリフィン局長が5日、ワシントンでの小坂憲次文部科学相との会談で表明した。
 後輩宇宙飛行士の山崎直子さん(35)も地上支援役に選ばれ、きぼうの「宇宙デビュー」に日本人が大きく貢献できることになった。飛行期間は約2週間の予定。
 土井さんは1997年のシャトル初搭乗で日本人初の船外活動を経験し、これが2回目の宇宙飛行。日本人のシャトル搭乗は、昨年の野口聡一さん(41)に続き通算9回目となる。

 「これまでにスペースシャトルに搭乗して宇宙に行った日本人宇宙飛行士5人を挙げよ」というクイズがあったら、若田光一さんとならんで回答率が低くなるであろう、ちょっと地味な土井隆雄さんですが、前回の飛行では日本人ではじめて船外活動を行っており、知名度はイマイチでも宇宙飛行士としては大きな仕事をしています。

 毛利衛さんや野口聡一ほどメディアに露出していないので土井隆雄さんのパブリックイメージは「名前が元社民党の党首に似ている」くらいかもしれませんが、2回目の宇宙行きで日本の宇宙開発にとって最重要かつ難関の「きぼうプロジェクト」成功に貢献して、まっさきに名前の挙がる日本人宇宙飛行士になって欲しいものです。

参考:
JAXA宇宙飛行士のプロフィール(JAXA)
希望を失った宇宙ステーション日本モジュール「きぼう」(日経BP)

『宇宙を旅した日本人〜毛利衛・向井千秋・若田光一・土井隆雄・・・〜』

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
NHKで放映された、日本人宇宙飛行士たちの全記録をハイライトシーンで網羅した映像集。偉大なる功績を残した彼らが“見たもの”“感じたもの”“したこと”を高画質映像で迫る。全編ナレーション、特典映像、“ハイビジョンBGV”など内容充実の作品。

『JAXA長期ビジョン JAXA2025―20年後の日本の宇宙と航空』 宇宙航空研究開発機構 (編集)

内容(「MARC」データベースより)
日本および世界の将来を見通しつつ、20年程度の期間を対象にした宇宙開発利用及び航空研究開発のビジョンの基礎となる理念、長期ビジョン、長期ビジョンの実現に向けた取組みを提案する。

『スペースシャトルの落日』 松浦 晋也 (著)

内容(「MARC」データベースより)
宇宙船として巨大な失敗作であるスペースシャトルの運行が続いた結果、宇宙開発は停滞し、シャトルに追従した世界各国はその停滞に巻き込まれた。宇宙開発「虚妄」の実態に迫り、ダメージからの再起の道を探る。

『ドラゴンフライ―ミール宇宙ステーション・悪夢の真実〈上〉』ブライアン バロウ (著)

内容(「MARC」データベースより)
宇宙空間に浮かぶ唯一の有人宇宙基地・ミール宇宙ステーションと、米ロ共同ミッションの恐るべき内実のすべて。両国の政治的・官僚的な策略の数々を、初公開資料と膨大な取材成果を駆使して描く、壮大な惨劇のドキュメント。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


宇宙のできごと 06/05/05

2006/05/05 17:57
「有人宇宙飛行計画への投資、「アポロ計画より少ない」」(中国新聞社)

 中国航天科技集団公司の張慶偉・総経理はメディアの取材を受けて、中国の宇宙開発への投資が今までに200億元程度であることを明らかにした。「アメリカ航空宇宙局(NASA)によるアポロ計画が240億ドル、欧州宇宙機関(ESA)のアリアンV計画が100億ユーロなどという投入資金に比べれば、中国の有人宇宙飛行計画の投資は少なく、かつ多くの成果を収めている」。中国新聞社が伝えた。

 240億ドル>100億ユーロ>200億元。国際通貨の勉強にもなる記事です。この200億元という額は、中国電信(チャイナ・テレコム)の2005年純利益今後3年間の内蒙古の鉄道建設費雲南省の空港建設費などに相当しますが、それらと比べたところで多いのか少ないのかよく分かりません。

参考:
 「アリアン」(Wikipedia)
 「アポロ計画」(Wikipedia)




「スペースシャトル:初の女性船長、コリンズさんが引退」(毎日 Mainichi Interactive)

 米航空宇宙局(NASA)は1日、女性で初めてスペースシャトルの船長を務め、野口聡一飛行士が搭乗した「ディスカバリー」(昨年7月打ち上げ)の船長も務めたアイリーン・コリンズさん(49)が退職すると発表した。「家族と過ごす時間を増やし新たな目標を追求するため」だというが将来の予定は明らかにしていない。

 もっとも困難な職業のひとつである宇宙飛行士でありながら2人の子どもを生み育てた女性。スマートで聡明そうな姿からてっきり研究者出身かと思っていたのですが、宇宙飛行士になる前は空軍パイロットだったとのこと。

参考:「アイリーン・コリンズ」(Wikipedia)




「マレーシアの科学者、宇宙礼拝ソフトただいま開発中」(サンケイスポーツ)

マレーシアの科学者らが、イスラム教徒の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションでどう礼拝すべきかが分かるコンピューターソフトの開発に取り組んでいる。無重力空間でどのように祈りの姿勢を維持するかや、時速約2万7000キロで動くステーションから聖地メッカの方を向くにはどうすればよいかなどが課題。

ステーションは1日に地球を16周する。地上では1日5回の礼拝が、宇宙では80回必要になる計算という。

 宇宙でなくても飛行機のなかでお祈りをしたい敬虔なイスラム教徒はメッカの方向をどうやって確認しているのでしょう。GPS携帯?




「ホリエモン「宇宙ビジネス続行」の意思」(日刊スポーツ)

 韓国語のテキストも差し入れてもらい、勉強していたもようだ。また「宇宙ビジネスは続行したい」という意思も弁護士を通じて関係者に伝えており、今後の堀江被告のビジネス展開のキーワードが、この韓国と宇宙に隠されているようだ。

 もしや現在募集中の韓国の宇宙飛行士に応募するつもりなのでしょうか?



関連:
 「宇宙のできごと 06/04/24」
 「宇宙のできごと 06/04/13」
 「宇宙のできごと 06/04/07」
 「宇宙のできごと 06/03/30」

『宇宙年鑑―Spaceguide (2006) 』 アストロアーツ, 日本宇宙少年団, 的川 泰宣, 毛利 衛

内容(「MARC」データベースより)
宇宙開発・科学探査の最新情報と成果、将来計画を網羅したガイドブック。「はやぶさ」の挑戦の軌跡や、2005年3月から2006年2月までの宇宙関連トピックス、惑星探査機が見た太陽系天体の姿と今後の計画などを紹介。

『オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった』 野口 聡一 (著)

内容(「MARC」データベースより)
地球はやっぱり青かった。「宇宙戦艦ヤマト」への憧れと偶然手にした宇宙への切符。平凡な生活を変えた夢の果てには-。生い立ちから始め、宇宙飛行士の候補生として認定されてから旅の実現までを語る、宇宙を翔けた冒険譚。

『宇宙旅行ハンドブック』 エリック・アンダーソン (著)

内容(「BOOK」データベースより)
宇宙遊泳の仕方、予算で選ぶ宇宙旅行先、宇宙旅行に持っていく物チェックリスト、宇宙酔いを防ぐ方法、新鮮なフルーツや野菜もある最新宇宙食事情、etc.世界初の宇宙観光旅行会社社長が書いた本物の宇宙旅行ハンドブック。

『人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート』 山本 弘 他 (著)

内容(「MARC」データベースより)
「月面映像は実は地上で撮影されたもの!?」「すべてはNASAによるでっちあげ!?」 そんな主張のどこがどう間違っているのかを、書籍「人類の月面着陸は無かったろう論」などの主張を例にとりながら具体的に検証。

『月の記憶―アポロ宇宙飛行士たちの「その後」〈上〉』 アンドリュー スミス (著)

内容(「BOOK」データベースより)
月面を歩いた12人の宇宙飛行士のうち、今も生存しているのは9人だけ。少年時代、月着陸のテレビ中継にしびれるような感動を覚えたジャーナリストの著者は、話が聞けなくなってしまう前に残りのムーンウォーカー全員と面会し、その人生を記録すべきだと思い立つ。「あの旅はかれらをどう変えたのか?アポロ計画にはいったいどんな意義があったのか?」という疑問を胸に。だが、取材を始めた著者はやがて、自分のヒーローたちのあまりに波瀾に満ちた人生を見いだしていく―アポロ宇宙飛行士たちの「現在」に鋭く迫った傑作ノンフィクション。

『月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡』 的川 泰宣 (著)

内容(「BOOK」データベースより)
宇宙開発競争をくりひろげた冷戦期の米ソは、それぞれ稀有な才能を擁していた。ソ連には、粛清で強制収容所に送られながら、後に共産党中央委員会を「恫喝」して世界初の人工衛星スプートニクを打ち上げたコロリョフ。アメリカには、「ナチスのミサイル開発者」と白眼視されながらも、アポロ計画を成功に導いたフォン・ブラウン。遠く離れた地にありながら、同じように少年の日の夢を追い、宇宙をめざした二人の軌跡。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 31 / コメント 3


宇宙のできごと 06/04/24

2006/04/24 19:41
「中国:有人宇宙船、五輪後の08年9月打ち上げ予定」(毎日 Mainichi Interactive)

 23日付香港紙、明報によると、中国のロケット開発当局者は、有人宇宙船「神舟7号」の打ち上げ時期について、現時点では北京五輪終了後の2008年9月を予定していることを明らかにした。

 神舟7号は、地球周回に昨年成功した同6号に続く3回目の有人宇宙船計画で、飛行士3人による船外活動を行う予定。

 当局者はまた、現在の打ち上げロケット「長征2号F」に続く新型ロケットに関し、10年には使用可能だとの見通しを示した。新型ロケットは「長征5号」と命名される予定で、積載能力は2号Fの9.5トンから25トンに高まるという。(香港・共同)
 どうせなら五輪期間直前に打ち上げて、ロケットに聖火を搭載してオリンピック史上初の宇宙経由の聖歌リレーを成功させれば中国にとっては絶好の国家PRになると思うのですが。



「2010年に宇宙ロボット格闘技大会 地球から無線操縦」(朝日 asahi.com)

 次の戦いの舞台は宇宙空間だ!――02年から毎年2回、ロボットの格闘技大会を主催している「ロボワン委員会」(西村輝一代表)が、ロボットを日本上空の宇宙空間に放出し、地上からの無線操縦で戦わせる「ロボワン宇宙大会」の2010年の実施に向けて夢を膨らませている。打ち上げ費用はざっと2億円で、委員会は大会の協賛企業を募っている。
 『プラネテス』ファンとしては、地球の衛星軌道上でロボット同士が肉弾戦を展開すれば、破損したパーツがデブリ(宇宙のゴミ)になって他の人工衛星の故障の原因になるのではと心配してしまいます。



「「韓国人初の宇宙飛行士」募集初日、600人以上が申請」(中央日報)

韓国人初の宇宙飛行士を選抜するための公開募集が始まった21日、申請者が600人を超えた。

韓国航空宇宙研究院(以下、航宇研)はこの日午前9時から宇宙飛行士選抜ホームページ(www.woojuro.or.kr)で受け付けを開始、午後4時現在、申請者は673人に達した。

航宇研の関係者は「1時間当たり約100人が申請している」とし、「22日から本格的に広報する予定であり、申請者は大きく増えるはず」と語った。
 1998年に行われた日本の宇宙飛行士の募集に応募した日本人は864人でした。
関連:「韓国初の宇宙飛行士選抜、応募者1万人超える」(中央日報)


「「ハンガリー記法」の考案者,宇宙へ」(IT pro 日経BP)

 かつて米Microsoftに所属し,「ハンガリー記法」と呼ばれるプログラム手法を考案したソフトウエア開発者のCharles Simonyi氏が,2007年にロシアのロケットで国際宇宙ステーションに向かうことになりそうだ。億万長者であるCharles Simonyi氏は1980年代中頃,WordとExcelのメイン開発者の1人だった。
 いまや全世界で使われているWordやExcelのようなソフトを開発するのは宇宙飛行士になるのと同じくらい困難な道のりだったでしょう。
 


「日本科学未来館来館者が300万人突破」(中日新聞)

 宇宙飛行士の毛利衛さんが館長を務める日本科学未来館(江東区青海)の三百万人目の来館者となった埼玉県の小学三年生、鈴木雅也君(8つ)に二十日、毛利館長から来館記念認定証と花束などが贈られた。鈴木君は二十日、学校の開校記念日を利用して、母友美さんや学校の友達と見学に訪れ、二〇〇一年七月に開館以来の記念すべき来館者となった。
 こうした○○人目の入場者は家族連れの子どもや女性になることが多いですが、やはり施設の方が○○人目の前後からイベントにふさわしそうな人を選んでいるのでしょう。



「今度は「宇宙ヨーグルト」 ひまわり乳業商品化へ」(高知新聞)

 宇宙酒の次は宇宙ヨーグルト!?――ひまわり乳業(高知市与力町、吉沢文治郎社長)が研究している乳酸菌が、今月末に打ち上げ予定のロシアのロケットで“宇宙旅行”することになった。4月1日に発売される「土佐宇宙酒」に続く、県内宇宙ビジネスの第2弾。吉沢社長は「菌がどう変化するか興味深い。面白い展開になれば」と話し、世界初の“宇宙ヨーグルト”の商品化を目指している。
 菌とか酵母を宇宙に持っていけばいいのなら、次は宇宙納豆、宇宙ビールあたりが企画されそうです。



関連:
 「宇宙のできごと 06/04/13」
 「宇宙のできごと 06/04/07」
 「宇宙のできごと 06/03/30」

『宇宙年鑑―Spaceguide (2006) 』 アストロアーツ, 日本宇宙少年団, 的川 泰宣, 毛利 衛

内容(「MARC」データベースより)
宇宙開発・科学探査の最新情報と成果、将来計画を網羅したガイドブック。「はやぶさ」の挑戦の軌跡や、2005年3月から2006年2月までの宇宙関連トピックス、惑星探査機が見た太陽系天体の姿と今後の計画などを紹介。

『オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった』 野口 聡一 (著)

内容(「MARC」データベースより)
地球はやっぱり青かった。「宇宙戦艦ヤマト」への憧れと偶然手にした宇宙への切符。平凡な生活を変えた夢の果てには-。生い立ちから始め、宇宙飛行士の候補生として認定されてから旅の実現までを語る、宇宙を翔けた冒険譚。

『宇宙旅行ハンドブック』 エリック・アンダーソン (著)

内容(「BOOK」データベースより)
宇宙遊泳の仕方、予算で選ぶ宇宙旅行先、宇宙旅行に持っていく物チェックリスト、宇宙酔いを防ぐ方法、新鮮なフルーツや野菜もある最新宇宙食事情、etc.世界初の宇宙観光旅行会社社長が書いた本物の宇宙旅行ハンドブック。

『人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート』 山本 弘 他 (著)

内容(「MARC」データベースより)
「月面映像は実は地上で撮影されたもの!?」「すべてはNASAによるでっちあげ!?」 そんな主張のどこがどう間違っているのかを、書籍「人類の月面着陸は無かったろう論」などの主張を例にとりながら具体的に検証。

『月の記憶―アポロ宇宙飛行士たちの「その後」〈上〉』 アンドリュー スミス (著)

内容(「BOOK」データベースより)
月面を歩いた12人の宇宙飛行士のうち、今も生存しているのは9人だけ。少年時代、月着陸のテレビ中継にしびれるような感動を覚えたジャーナリストの著者は、話が聞けなくなってしまう前に残りのムーンウォーカー全員と面会し、その人生を記録すべきだと思い立つ。「あの旅はかれらをどう変えたのか?アポロ計画にはいったいどんな意義があったのか?」という疑問を胸に。だが、取材を始めた著者はやがて、自分のヒーローたちのあまりに波瀾に満ちた人生を見いだしていく―アポロ宇宙飛行士たちの「現在」に鋭く迫った傑作ノンフィクション。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


宇宙のできごと 06/04/13

2006/04/13 19:31
「技師遺骨の月面埋葬を計画 ガガーリン飛行士らと報道」(西日本新聞−共同通信)

 【モスクワ12日共同】12日付のロシア紙イズベスチヤは、人類初の宇宙飛行を行った旧ソ連のガガーリン宇宙飛行士らが、「ソ連宇宙開発の父」と呼ばれたセルゲイ・コロリョフ技師の遺骨の一部を月に埋葬することをひそかに計画していたが実現しなかったと伝えた。

 先月、NHKで放送されたBBC制作のドラマ「宇宙へ 〜冷戦と二人の天才〜」のロシガ側の主人公がコロリョフでした。ライカ犬クドリャフカやガガーリンを宇宙へ送った彼の寿命がもう少し長ければ宇宙開発の歴史は変わっていたかもしれません。

参考:
 ドキュメンタリードラマ「宇宙へ 〜冷戦と二人の天才〜」(NHK)
 セルゲイ・コロリョフ(Wikipedia)

関連:
 「宇宙開発とマウス研究と競走馬生産」(ぼすのできごと 05/04/12)




「地球外生命:専用の望遠鏡が完成−−米国」(毎日 Mainichi Interactive)

 【ワシントン和田浩明】地球外の知的生命体が通信などに使っている可能性があるレーザー光を観測するための専用光学望遠鏡が11日、米東部マサチューセッツ州のオークリッジ天文台にお目見えした。地球外知的生命体探査(SETI)を20年来進めてきた米惑星協会(本部カリフォルニア州)の資金援助で完成、ハーバード大の研究者らが中心になり運用する。

 シャア専用ゲルググみたいに地球外生命しか使えない望遠鏡かと思ったら、それを探す方でした。ガンダムマニアがこれに対抗して、赤い彗星だけを探す目的の「シャア専用望遠鏡」を設置したら面白いのですが。





「JAXA:月面着陸、日本も10年以内に−−チーム設置」(毎日 Mainichi Interactive)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の立川敬二理事長は12日 の定例記者会見で、10年以内に月に無人探査機を送り、月面着陸を目指すためプロジェクトチームを設置したことを明らかにした。将来的には宇宙飛行士を月に送り込むことも検討するとしている。【

 「月に行くと言ってみるテスト」というところでしょう。そんな予算がどこにあるのかと小一時間かけて問い詰めたいところです。匿名掲示板に面白半分で実行する気もない殺人予告を載せるだけで逮捕される有言実行があたり前のご時世ですから、発言には責任を持って欲しいものです。

 関連:「ニッポンの宇宙」(ぼすのできごと 05/04/03)





「探査機「ビーナス急行」、金星の周回軌道に到着」(読売 Yomiuri Online)

 欧州宇宙機関の金星探査機「ビーナス・エクスプレス」が日本時間の11日午後6時ごろ、金星の周回軌道に到着した。昨年11月の打ち上げから約5か月の長旅を経て、金星に接近。メーンエンジンを噴射させて減速し、金星の軌道に入ることに成功した。

 エクスプレスを急行と訳されると、金星に行く探査機というよりはヨーロッパの豪華列車を連想します。車内で殺人事件でも起きそうですが、幸い探査機は無人です。これが「ビーナス超特急」だと軍服をきた水野晴郎が乗り込んでいる可能性が高いです。





「月に衝突させ、水の存在探る NASAが08年打ち上げ」(朝日 asahi.com)

 米航空宇宙局(NASA)は10日、月の南極にロケットの燃えがらと小型の人工衛星を相次いで衝突させ、飛び散った物質を観測して水の存在を確かめる計画を発表した。昨年7月に彗星(すいせい)に子機をぶつけて内部物質を調べた探査機「ディープインパクト」の月版。08年10月に打ち上げる。

 これは、昨年ディープインパクトが勝った皐月賞で今年はアドマイヤムーンが勝つという暗号でしょうか?



関連:
 「宇宙のできごと 06/04/07」
 「宇宙のできごと 06/03/30」

『オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった』 野口 聡一 (著)

内容(「MARC」データベースより)
地球はやっぱり青かった。「宇宙戦艦ヤマト」への憧れと偶然手にした宇宙への切符。平凡な生活を変えた夢の果てには-。生い立ちから始め、宇宙飛行士の候補生として認定されてから旅の実現までを語る、宇宙を翔けた冒険譚。

『宇宙旅行ハンドブック』 エリック・アンダーソン (著)

内容(「BOOK」データベースより)
宇宙遊泳の仕方、予算で選ぶ宇宙旅行先、宇宙旅行に持っていく物チェックリスト、宇宙酔いを防ぐ方法、新鮮なフルーツや野菜もある最新宇宙食事情、etc.世界初の宇宙観光旅行会社社長が書いた本物の宇宙旅行ハンドブック。

『人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート』 山本 弘 他 (著)

内容(「MARC」データベースより)
「月面映像は実は地上で撮影されたもの!?」「すべてはNASAによるでっちあげ!?」 そんな主張のどこがどう間違っているのかを、書籍「人類の月面着陸は無かったろう論」などの主張を例にとりながら具体的に検証。

『月の記憶―アポロ宇宙飛行士たちの「その後」〈上〉』 アンドリュー スミス (著)

内容(「BOOK」データベースより)
月面を歩いた12人の宇宙飛行士のうち、今も生存しているのは9人だけ。少年時代、月着陸のテレビ中継にしびれるような感動を覚えたジャーナリストの著者は、話が聞けなくなってしまう前に残りのムーンウォーカー全員と面会し、その人生を記録すべきだと思い立つ。「あの旅はかれらをどう変えたのか?アポロ計画にはいったいどんな意義があったのか?」という疑問を胸に。だが、取材を始めた著者はやがて、自分のヒーローたちのあまりに波瀾に満ちた人生を見いだしていく―アポロ宇宙飛行士たちの「現在」に鋭く迫った傑作ノンフィクション。

『月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡』 的川 泰宣 (著)

内容(「BOOK」データベースより)
宇宙開発競争をくりひろげた冷戦期の米ソは、それぞれ稀有な才能を擁していた。ソ連には、粛清で強制収容所に送られながら、後に共産党中央委員会を「恫喝」して世界初の人工衛星スプートニクを打ち上げたコロリョフ。アメリカには、「ナチスのミサイル開発者」と白眼視されながらも、アポロ計画を成功に導いたフォン・ブラウン。遠く離れた地にありながら、同じように少年の日の夢を追い、宇宙をめざした二人の軌跡。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


宇宙のできごと 06/04/07

2006/04/07 21:54
「Sカミオカンデの復旧完了、6月末にも観測再開」(読売 Yomiuri Online)

 宇宙から飛来する素粒子ニュートリノを観測する巨大施設「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛騨市)で、破損した多数の電球を交換する復旧作業がほぼ完了し、7日、報道陣に公開された。

 スーパーカミオカンデは、地下1000メートルに設置された直径39メートル、高さ42メートルの巨大な水槽で、ニュートリノをキャッチして分析する。2001年11月に、センサーの役割を果たす電球(光電子増倍管)約1万1000本のうち、約7000本が破損する事故が発生。昨年10月から、約6000本を付け直す作業を続けていた。

 チェレンコフの光を観測する世界屈指の施設。1万本以上の電球が等間隔に並んだ美しい姿は科学装置というより現代建築です。



「冬眠ホルモンを発見 新薬や宇宙旅行に応用も」(西日本新聞)

 哺乳(ほにゅう)類の冬眠を促し、体温が低下しても死なないよう心臓などを強化する「冬眠ホルモン」を、三菱化学生命科学研究所の近藤宣昭主任研究員らがシマリスから発見した。7日付の米医学誌セルに発表する。

 体温が下がり眠ったようになる冬眠中は、病原体の感染や発がん物質への抵抗力が高まることが知られており、新薬開発につながる成果。この物質は人間にはないが、研究が進めば、体温を下げ脳へのダメージを減らす脳低温療法や、長期の宇宙旅行への応用も考えられるという。

 0.93秒で眠ることができる野比のび太もこのホルモンを持っていそうです。



「宇宙旅行:民間人の5人目は米のソフトウエア開発者」(毎日 Mainichi Interactive)

 地球を回る国際宇宙ステーション(ISS)への短期滞在宇宙旅行を民間人にあっせんする米スペースアドベンチャーズ社は3日、米ソフトウエア開発者のチャールズ・シモニー氏が新たに契約し、初期訓練と医学検査を終えたと発表した。

 こういうふうに順番を数えていくと、次が13人目となると縁起が悪いので誰もなりたがらなくなるのではないでしょうか。逆に「13」を嫌わない非キリスト教徒にとっては狙い目かもしれません。



「韓国人初の宇宙飛行士 選抜方法は?」(中央日報)

 韓国人初の宇宙飛行士になるためには身長150−190センチ、体重50−95キロ、足のサイズ29.5センチ以下の身体条件を満たさなければならない。

科学技術部は3日、こうした内容の宇宙飛行士選抜基準を発表した。 身体条件は、ロシア・ソユーズ宇宙船に搭乗できる基本条件に基づいている。

科学技術部は4段階に分けて宇宙飛行士を選抜する。 第1段階では3.5キロ走で基礎体力を評価し、書類審査と英語・常識試験を行う。 第2−4段階では面接、危機対処能力、社会性、精密身体検査、宇宙飛行適合性などの評価がある。 満19歳以上の韓国人なら誰でも応募できる。

 日本では理科系の大学を卒業していなくては宇宙飛行士になれません。



「“宇宙酒”特需 高知の蔵元、完売相次ぐ」(フジサンケイビジネスアイ)

 宇宙を旅してきた酵母で仕込んだ「宇宙酒」が人気を呼んでいる。高知県の蔵元十七社が生産した宇宙酒は合計約八万本(七百二十ミリリットル換算)。一日に全国同時発売したが、四日までに90%近くが売れたもようだ。

 ロシアからのクレームもなんのその。



 関連:「宇宙のできごと 06/03/30」

『オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった』 野口 聡一 (著)

内容(「MARC」データベースより)
地球はやっぱり青かった。「宇宙戦艦ヤマト」への憧れと偶然手にした宇宙への切符。平凡な生活を変えた夢の果てには-。生い立ちから始め、宇宙飛行士の候補生として認定されてから旅の実現までを語る、宇宙を翔けた冒険譚。

『月の記憶―アポロ宇宙飛行士たちの「その後」〈上〉』 アンドリュー スミス (著)

内容(「BOOK」データベースより)
月面を歩いた12人の宇宙飛行士のうち、今も生存しているのは9人だけ。少年時代、月着陸のテレビ中継にしびれるような感動を覚えたジャーナリストの著者は、話が聞けなくなってしまう前に残りのムーンウォーカー全員と面会し、その人生を記録すべきだと思い立つ。「あの旅はかれらをどう変えたのか?アポロ計画にはいったいどんな意義があったのか?」という疑問を胸に。だが、取材を始めた著者はやがて、自分のヒーローたちのあまりに波瀾に満ちた人生を見いだしていく―アポロ宇宙飛行士たちの「現在」に鋭く迫った傑作ノンフィクション。

『ニュートリノ天体物理学入門』 小柴 昌俊 (著)

内容(「BOOK」データベースより)
あらゆる物質を通り抜けてしまう不思議な粒子ニュートリノを観測することによって、いままで見えなかった宇宙の奥の奥まで見ることができるようになった。宇宙誕生の1秒後の姿からミッシングマスの正体まで、知られざる宇宙の実像が浮き彫りにされる。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


宇宙のできごと 06/03/30

2006/03/30 22:49
「ブラジル初の飛行士、サッカー代表ユニホームを宇宙へ」(CNN.co.jp)
カザフスタン・バイコヌール──国際宇宙ステーション(ISS)の交代要員を乗せたロシアの宇宙船ソユーズが30日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。ソユーズには、ブラジル人初の宇宙飛行士として、ブラジル空軍パイロットのマルコス・ポンテス飛行士(43)が搭乗。同飛行士は、今年6月にドイツであるサッカーのワールドカップ(W杯)でのブラジル優勝を見込み、代表チームのユニホームと、ブラジル国旗を持って乗り込んだという。
 アメリカのスペースシャトルからロシアのソユーズに乗り換えて宇宙へ。


「高知大やひまわり乳業、乳酸菌をロシアの宇宙ロケットに搭載」(日経 NIKKEI NET)
 高知大学や牛乳メーカーのひまわり乳業(高知市、吉沢文治郎社長)などは30日、ロシアのソユーズロケットを使い微細藻類(マイクロアルジェ)や乳酸菌を宇宙に打ち上げる。微細藻類は宇宙空間での二酸化炭素(CO2)吸収、乳酸菌はヨーグルトへの利用を目指す。高知県内のグループによる宇宙利用は4月1日発売予定の「土佐宇宙酒」に続くものだ。
 さすがに今回は「土佐宇宙酒」のようにロシアからクレームがこないようになっているのでしょうね。


「「日本の宇宙開発発祥の地」記念碑除幕式とタイムカプセル埋納」(JAXA:イベント情報)
 昨年(2005年)は日本の宇宙開発の第一歩を刻んだペンシルロケットの水平試射が国分寺で行われてからちょうど50年の節目の年でした。実験が行われた場所は、現在では早稲田実業学校の野球場になっています
 タイムカプセルのデザインは漫画家の松本零士。松本零士の漫画家デビューはペンシルロケット発射よりも前の1953年。


「NASA、小惑星の探査計画再開へ」(産経 Sankei Web)
 【ロサンゼルス=岡田敏一】米航空宇宙局(NASA)は29日までに、予算や技術的な問題で2日にいったん中止を決めた大型の小惑星「ベスタ」と「ケレス」の探査のための「ドーン計画」を再開すると発表した。両惑星は火星と木星の間にあり、創生期の太陽系の状況がそのまま残っているとされる。
 一ヶ月のうちに中止→再開。NASAの財政難はかなり深刻なようです。


「宇宙桜 初咲き4輪 川口」(埼玉新聞 Web埼玉)
 川口市上青木の市立科学館「太陽の広場」にある宇宙桜が二十八日に開花、SKIPシティを散歩している近所の人たちの話題になっている。
 この桜は、二〇〇〇年二月、北海道余市町出身の宇宙飛行士毛利衛さんがスペースシャトル「エンデバー」で宇宙に持参したエゾヤマザクラの種子百六十粒から芽を出した百十本のうちの一本。昨年十一月、「川口の日」(十一月十日)制定五周年を記念して、全国科学館連携協議会を通じて余市町から苗木の寄贈を受け植樹。現在樹高三・九五メートル、幹周り約二十センチに成長した。
 花の開花はことし初めてで、四輪だけ。ソメイヨシノよりピンクが濃いのが特徴。苗木は五年ものだが普通七、八年後から花が咲き始め、たくさん付けるようになるには十年以上かかるという。
 この木が枝いっぱいに花をつける頃、人類は再び月に行っているのでしょうか?


『宇宙旅行ハンドブック』 エリック・アンダーソン (著)

内容(「BOOK」データベースより)
宇宙遊泳の仕方、予算で選ぶ宇宙旅行先、宇宙旅行に持っていく物チェックリスト、宇宙酔いを防ぐ方法、新鮮なフルーツや野菜もある最新宇宙食事情、etc.世界初の宇宙観光旅行会社社長が書いた本物の宇宙旅行ハンドブック。

『人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート』
山本 弘 (著), 江藤 巌 (著), 皆神 龍太郎 (著), 植木 不等式 (著), 志水 一夫 (著)


内容(「BOOK」データベースより)
アポロをめぐるトンデモ説を徹底検証!「月面映像は実は地上で撮影されたもの!?」「すべてはNASAによるでっちあげ!?」―そんな主張のどこがどう間違っているのかを、書籍『人類の月面着陸は無かったろう論』などの主張を例にとりながら具体的に検証。

『宙(そら)の名前』 林 完次

内容(「MARC」データベースより)
夜空は神話と伝説に満ちた煌きの地。宵闇に包まれ、静かに星が瞬き出す日の沈んだあとに訪れる夜の星物語の世界を、250点余りの写真とともに綴る。光琳社出版95年刊「宙ノ名前」の改題。

『プラネテス (1)』 幸村 誠 (著)

出版社/著者からの内容紹介
SFニュースタンダード登場!!
400万年を経て人は地上より飛び立った
この宙(そら)は人の強さを試す
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


土佐宇宙酒にロシアがクレーム

2006/03/23 20:53
「さまよう「土佐宇宙酒」 露が「商業利用は駄目」」(高知新聞)
 来月1日、一斉に「土佐宇宙酒」の販売がスタートする。宇宙を旅した県産酵母で酒を造って産業振興の起爆剤に、と実現した「夢の事業」だが…。ここへ来てちょっとしたトラブルが発生した。ロケットを打ち上げたロシア側から「(酵母の宇宙旅行は)研究目的だったはず。商業利用は駄目」とクレームがついたのだ。慌てた日本側は今月末、県産酵母を「商業」目的であらためて宇宙へ飛ばすことで決着を図る予定。これには巨額の“追い銭”も必要で、関係者は“軟着陸”に向け頭を悩ませている。

 外国との商取引ではよくあるいざこざです。

 記事を読んでみると、宇宙ビジネスの主導権が民間から政府への移行したロシア側の事情もありますが、どうも契約の際の日本側の詰めが甘かったと言わざるをえません。

 JAMSS側は「契約は研究目的だったが、ロシア側の民間エージェントも(目的が宇宙酒の醸造であることを)理解していた」と、両者の間で“暗黙の了解”が出来上がっていたと説明する。

 割安な研究目的を利用しながら裏ワザで商用も可能という、そんな旨い話がまかり通るわけはないと、関係者は事前に気づかなかったのでしょうか。

 日本人はt.A.T.uから何も学ばなかったようです。

『デンジャラス・アンド・ムーヴィング~スペシャル・エディション』 t.A.T.u.

『ロシアのことがマンガで3時間でわかる本』

内容(「MARC」データベースより)
石油・天然ガスも豊富な「持てる国」ロシア。大都市部の旺盛な個人消費などに注目し、ロシア市場を見直す日本企業が増えてきた。ただ、ロシアは非常に個性の強い国。ロシアの実像についてマンガで広くわかりやすく紹介。

『宇宙へのパスポート―ロケット打ち上げ取材日記1999‐2001』 笹本 祐一 (著)

内容(「BOOK」データベースより)
迫る締切、定まらないスケジュールにもめげず、種子島、フロリダ、ギアナヘと、ロケット打ち上げの取材にひた走った痛快記録、プラス打ち上げの理解が深まる基礎知識。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
ロケ地は宇宙
「宇宙のカメラでCM撮影 ベンチャー企業が新ビジネス」(朝日)  宇宙にカメラを常備して、CMやテレビ番組を作るビジネスが始まる。ベンチャー企業「スペースフィルムズ」(東京)が21日発表した。宇宙航空研究開発機構やロシア宇宙庁の協力で、国際宇宙ステーションに小型ハイビジョンカメラを持ち込み、大手食品メーカーのCM製作から手がける。今後、地球上の災害や紛争を宇宙から生中継したり、宇宙旅行者から記念撮影を請け負ったりして、ビジネスを軌道に乗せたいという。  観光地によくあるインスタントカメラで記... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/22 03:43
宇宙弾道オラクルクイズ
「Oracle、ソフト開発者を宇宙旅行に招待」(Yahoo!ニュース−ITmediaニュース)  米Oracleは9月15日、宇宙飛行が当たるコンテストの特賞当選者に、顧客企業Strykerの上級ソフト開発者、ブライアン・エミット氏(30)が選ばれたと発表した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/18 02:09
愛知万博:あしたの入場者数予想:8/3(水)分
参考:8月の愛知万博入場者数推移 (公式サイトで毎日発表される当日入場者数、単位:人) 8月 1日(月) 84,043 8月 2日(火) 90,997 ------------------------ 3・4月の入場者数はこちら 5月の入場者数はこちら 6月の入場者数はこちら 7月の入場者数はこちら ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/03 04:52
愛知万博:あしたの入場者数予想:7/6(水)分
参考:7月の愛知万博入場者数推移 (公式サイトで毎日発表される当日入場者数、単位:人) 7月 1日(金) 92,439 7月 2日(土)145,729 7月 3日(日)116,056 7月 4日(月) 82,567 7月 5日(火) 93,207 ------------------------ 3・4月の入場者数はこちら 5月の入場者数はこちら 6月の入場者数はこちら ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/06 04:04
愛知万博:あしたの入場者数予想:6/21(火)分
参考:6月の愛知万博入場者数推移 (公式サイトで毎日発表される当日入場者数、単位:人) 6月 1日(水)105,732 6月 2日(木) 85,363 6月 3日(金)120,303 6月 4日(土)143,626 6月 5日(日)137,856 6月 6日(月)139,001 6月 7日(火)109,635 6月 8日(水)105,056 6月 9日(木)106,494 6月10日(金)120,620 6月11日(土)145,752 6月12日(日)147,967... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/21 05:54
愛知万博:あしたの入場者数予想:6/12(日)分
参考:6月の愛知万博入場者数推移 (公式サイトで毎日発表される当日入場者数、単位:人) 6月 1日(水)105,732 6月 2日(木) 85,363 6月 3日(金)120,303 6月 4日(土)143,626 6月 5日(日)137,856 6月 6日(月)139,001 6月 7日(火)109,635 6月 8日(水)105,056 6月 9日(木)106,494 6月10日(金)120,620 6月11日(土)145,752 ----------------... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/12 04:36
なんちゃって宇宙旅行 $200,000
「宇宙旅行、3時間20万ドル 英航空会社が7人募集」(朝日)  20万ドル(約2100万円)で宇宙旅行はいかが――英航空大手ヴァージングループは、08年から始める商業宇宙飛行の旅客募集を日本で始める、と発表した。当面の募集人数は7人。販売代理店のクラブツーリズムでは希望者の中から抽選で搭乗者を決める方針だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/13 02:47
衛星がいっぱい
「土星の新衛星12個発見 すばる望遠鏡、計46個に」(Yahoo!ニュース−共同通信)  【ワシントン6日共同】土星の周囲を回る直径数キロの小さな衛星をまとめて12個も発見したと、デービッド・ジューイッツ米ハワイ大教授のチームが6日までに発表した。土星の衛星はこれまで34個報告されており、一気に計46個に増えることになる。  ハワイ・マウナケア山頂にある日本のすばる望遠鏡の広視野カメラを使い、昨年12月に初めて観測。今年3月までに、ハワイのジェミニ北望遠鏡などで再確認した。  衛星の大きさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/05/07 01:46
日本食、宇宙へ行く
「国際宇宙ステーション:日本食が通常メニューへ」(毎日) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/04/25 07:41
愛知万博:宇宙飛行士と無線で交信
「宇宙飛行士と交信へ 小中学生20人を募集 免許なくても大丈夫」(読売) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/21 01:54
宇宙食の味は
「宇宙食を試食できます 北海道余市町に「宇宙食館」」(朝日) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/04/17 02:34
宇宙開発とマウス研究と競走馬生産
「「2008年宇宙の旅」計画 マウス6匹、衛星に」(朝日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/12 19:11
あしたの愛知万博入場者数予想:4/9(土)分
参考:これまでの愛知万博入場者数推移 (公式サイトで毎日発表される当日入場者数、単位:人) 3月25日(金) 43,023 3月26日(土) 46,115 3月27日(日) 56,597 3月28日(月) 61,763 3月29日(火) 75,091 3月30日(水) 74,946 3月31日(木) 68,554 4月1日(金) 60,361 4月2日(土) 74,900 4月3日(日) 61,255 4月4日(月) 77,401 4月5日(火) 63... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/08 23:49
ニッポンの宇宙
「ロボットと宇宙活動 宇宙機構が日本独自の長期ビジョン」(朝日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/03 19:10
地球の重力に魂を引かれた日米
「宇宙ステーション、来春から日米の利用ピンチ」(読売) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/23 14:38
飼育
「宇宙機構調査役を逮捕 不法残留タイ少女と同居」(産経) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/22 13:48
アンタレス食を計ろう
「アンタレス、14年ぶり月の陰に=31日未明、ほぼ全国で」(Yahoo!ニュース-時事通信) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/03/18 05:04

トップへ | みんなの「宇宙」ブログ

ぼすのできごと 宇宙のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる