アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宮崎あおい」のブログ記事

みんなの「宮崎あおい」ブログ


テポドンが「純情きらり」を直撃

2006/07/06 17:35
「テポドン直撃、NHK朝ドラ3度目休止」(日刊スポーツ−朝日 asahi.com)

 北朝鮮によるミサイル発射は、日本の放送界や芸能界も揺るがした。5日早朝のサッカーW杯準決勝生中継の中で第1報を流したNHKは、W杯中継を総合から教育に切り替えたり、朝の連続テレビ小説を11年ぶりに休止。民放もお笑い番組の中で政府の緊急会見を中継するなど、各局とも阪神淡路大震災並みの対応を迫られた。

(中略)

 同8時15分からの朝ドラ「純情きらり」第81話も休止した。これは89年1月7日の昭和天皇崩御、95年1月17日の阪神淡路大震災発生に続く3度目の措置。朝ドラは週単位で物語が構成されているため、6日に81話、7日に82話、8日午前8時15〜45分に、83話と84話を放送することになった。

 最近視聴率が低迷気味だったNHKの朝ドラですが、今期の「純情きらり」は主演に宮崎あおいを擁し、助演にも寺島しのぶや西島秀俊といった映画俳優をそろえる力の入れようで、7月1日の放送分は「日曜洋画劇場・M:I−2」や「SMAP×SMAP」を抑えて直近の週間視聴率ランキングトップの23%を獲得するなどひそかに人気を博しています。

 毎日の楽しみをテポドンに奪われて怒っている宮崎あおいファンも多いこととおもわれ、朝ドラの休止によって日本国民の北朝鮮への反感も心持ち高まったはずです。テポドン発射の日程はアメリカの独立記念日に合わせたといわれていますが、発射時間については日本の映像文化に詳しい金正日のことですから、朝ドラがつぶれるように計画したのかもしれません。

 ただ「純情きらり」の方は、最近ちょっと中だるみっぽい印象で、今週の味噌屋修行で宮崎あおいが戸田恵子にいびられる「渡る世間は鬼ばかり」みたいなストーリー展開は魅力に乏しく、序盤で劇団ひとりと川で水を掛け合っていた頃の青春少女的ヒロインの宮崎あおいをもっと見たい映画の宮崎あおいファンにとっては物足りない内容です。日本がテポドンの驚異に屈しないことも重要ですが、宮崎あおいファンとしては、劇中で宮崎あおいがテポドンよりも強力かもしれない戸田恵子の目ぢからに打ち勝って恋とピアノの青春ストーリーを取り戻してくれることを期待します。

関連:
「純情きらり」(Wikipedia)
「守るべきは3億円より宮崎あおい」(ぼすのできごと 06/04/12)
「ぼすのみた映画 『好きだ、』 」(ぼすのできごと 06/03/14)

『純情きらり―連続テレビ小説』

内容(「MARC」データベースより)
2006年4月スタートのNHK連続テレビ小説「純情きらり」のガイドブック。ヒロイン・宮崎あおい&主な出演者インタビュー、あらすじ紹介、舞台地・愛知県岡崎市の紹介、原案・津島佑子らへのインタビューなどで構成。

『宮崎あおい&宮崎将 たりないピース』

内容(「BOOK」データベースより)
インドを旅して考えたこと。「スラムの子や差別をうけている子は、どんなに好きな子ができても、付き合えないのかなぁって思うと切なかった」(あおい)。フェアトレード、カースト、スラム、路上生活、急速な経済成長の中で広がる貧富の格差。兄妹で旅をしながら20年後の持続可能な地球と暮らしを考える「2025プロジェクト」第1弾。

『祈り』宮崎 あおい

内容(「MARC」データベースより)
20歳を迎える宮崎あおいが中国16日間の旅の中で学んだこととは。本人が撮り下ろした写真を交えながら、過去・現在・そして未来をつづったフォトブック。

『宮崎あおい写真集 20TH ANNIVERSARY 「光」』

内容(「MARC」データベースより)
20歳になる前に見た、光。中国のやわらかい、光。心に射し込む、光。未来に放つ、光。いろんな色に変化する、光-。「光」をテーマにして撮影した宮崎あおいのポートレート写真集。

『エリ・エリ・レマ・サバクタニ 豪華盤』
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 0


ぼすのみた映画 『好きだ、』

2006/03/14 17:42
「好きだ、」(2005年、日本)
監督/石川寛 出演/宮崎あおい、西島秀俊、永作博美、瑛太
第1回ニュー・モントリオール国際映画祭 最優秀監督賞


 河川敷でアコースティックギターを練習するヨースケ。

 ヨースケに好意を寄せつつも、それを言い出せないユウ。

 17年後に再会した二人、届かなかったあの日の想い。


 宮崎あおいは、画面にいるだけで存在感をかもし出している。

 『NANA』、『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』と立て続けに話題作へ出演、いま最も輝いている若手女優。

 長澤まさみが「太陽」で、蒼井優を「月」とすれば、宮崎あおいはその両方の魅力を兼ね備えている。

 もっと宮崎あおいを見ていたかったから、映画のなかの時間が17年後に移ったときには少しがっかりしてしまった。永作博美もいいのだけれど。

『tokyo.sora』

Amazon.co.jp
「マシュリ」「爽健美茶」などのCM演出で知られるディレクター石川寛の映画初監督作品。東京の空の下で暮らす、見ず知らずの6人の若い女性たち(板谷由夏、井川遥、仲村綾乃、高木郁乃、孫正華、本上まなみ)それぞれの日常の生活を、交錯したオムニバス形式で軽やかに捉えた作品。
脚本は事前に用意されておらず、撮影段階で台詞を紡ぎ出す(というよりも台詞そのものが異様に少ない)という実験的スタイルによって、映像的新鮮さと現代女性のリアル感はそこはかとなく醸し出されている。欲を言えばもう少し全体的なメリハリがほしかったところだが、そこを強調すると繊細な味わいが崩れてしまうだろうから難しいところではあろう。やがて見ず知らずの関係だった彼女たちは「tokyoのsora」によってひとつに結ばれていく過程も、ナチュラルで納得できるものではある。(的田也寸志)

『NANA -ナナ- スタンダード・エディション』

内容(「Oricon」データベースより)
東京にいる恋人のもとへと旅立つ女と、成功を夢見て上京してきたボーカリストの女との恋と友情と夢を描いた、漫画家・矢沢あい原作の青春ストーリー作品。中島美嘉、宮崎あおいほか出演。

『ユリイカ(EUREKA) 』

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
2年前、九州の地方都市で、バスジャック事件の現場に遭遇し、生き残った3人。彼らの過去から逃れられない苦しみと、新たに発生した連続殺人事件を絡めて、心の再生を描く感動ドラマ。主演は『うなぎ』の役所広司。

『害虫 スペシャル・エディション』

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
塩田明彦監督、『EUREKA』の宮崎あおい主演の思春期ドラマ。複雑で混乱した現実に心を閉ざす少女の日常を描く。ささやかな悪事を繰り返し自分を満たしてきた中学生のサチ子が、学校では居場所を失い、心の恋人・緒方先生を訪れる。

『祈り』 宮崎 あおい

内容(「MARC」データベースより)
20歳を迎える宮崎あおいが中国16日間の旅の中で学んだこととは。本人が撮り下ろした写真を交えながら、過去・現在・そして未来をつづったフォトブック。

『宮崎あおい写真集 20TH ANNIVERSARY 「光」』

内容(「MARC」データベースより)
20歳になる前に見た、光。中国のやわらかい、光。心に射し込む、光。未来に放つ、光。いろんな色に変化する、光-。「光」をテーマにして撮影した宮崎あおいのポートレート写真集。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「宮崎あおい」ブログ

ぼすのできごと 宮崎あおいのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる