ぼすのできごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 通天閣が国の文化財に

<<   作成日時 : 2006/08/16 14:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「大阪の通天閣、有形文化財の登録申請へ」(朝日 asahi.com)

 今年10月に再建から50年を迎える大阪のシンボル・通天閣を運営する通天閣観光(大阪市浪速区)は、同月末にも文化庁に国の登録有形文化財として登録申請することを決めた。来春にも登録される見通しで、同社は「通天閣が今まで以上に地元に愛される存在になる」と期待している。

 つい最近、東京タワーが有形文化財登録を検討していることが報道されていましたから、ならば通天閣もつづけというところでしょうか。登録有形文化財に指定されるには、建築後50年以上経過していることが文化庁の基準としてあり、昨年(2005年)に名古屋タワー(1954年完成)がタワー型建造物としてははじめて登録されています。現在の通天閣は1956年に再建されていますから、1958年完成の東京タワーよりも先に有形文化財となりそうです。

 名古屋タワーや東京タワーについては、テレビ放送のデジタル化にともなって電波塔としての役割を終えつつあるなかで、観光収入によって今後の生き残りをはかるための有形文化財登録という側面があるのですが、通天閣は建造当初から電波塔ではないただの塔です。大きくて目立つ割には特に役に立たない存在でありながら50年も街のシンボル的な存在として生き残っているところは大阪らしいところです。

 有形文化財に指定されれば通天閣の観光資源としての格は上がりそうですが、塔の胴体に大きく輝いているネオン広告はどうなるのでしょうか。通天閣には1957年から日立のネオン広告が設置されていてもはや一心同体のようなものですが、有形文化財の外観の改修には届出が必要になるため、広告の改装にもなんらかの制限がかかる可能性がありますし、そもそも文化財に特定の企業の広告がでかでかと付いていていいものかという問題があります。それでもネオンがなければ通天閣が通天閣でないようなものですから、有形文化財になってもいまのままの通天閣であってほしいものです。

関連:
「通天閣にいらっしゃい」(ぼすのできごと 05/03/25)
通天閣オフィシャルサイト
「東京タワーを登録文化財に 申請を検討」(東京新聞 06/08/11)

『通天閣―人と街の物語』読売新聞大阪本社社会部

初代通天閣が大阪の空にそびえたのは九十年前。戦時中に火災で焼失し、二代目が再び立ち上がって四十六年。本書は、二代目通天閣創業からの半世紀を検証する。

『タワー―内藤多仲と三塔物語』INAXギャラリー企画委員会

内容(「MARC」データベースより)
まだ今ほど都市が混み合ってなかった時代、天を突くような3つのタワーが生まれた。名古屋テレビ塔、大阪通天閣、そして東京タワー。三都の塔の何が人々を魅了するのか、その生い立ちから現在までを振り返る。

『総覧 登録有形文化財建造物5000』文化庁文化財部

内容(「MARC」データベースより)
商店、銭湯、旅館、駅、ダム、トンネル、橋…。懐かしく、今も使われている身近な文化財5130件の全リストを初公開。600枚に及ぶカラー写真と建造物の履歴、現在の使われ方、所在地等のデータを収録。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
通天閣が国の文化財に ぼすのできごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる