アクセスカウンタ

<<  2006年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


イギリスで騎手が馬に頭突き

2006/07/25 23:28
「また頭突き…今度は英騎手が振り落とされた馬に」(ZAKZAK 夕刊フジ)

 サッカーのフランス代表主将、ジダン選手ばりに“馬に頭突きを食らわせた騎手”が英国内で騒動になっている。

 23日、英中部ストラットフォード・アポン・エイボンの競馬場で、ポール・オニール騎手(26)が障害レースに出走するシティーアフェアー号に騎乗したところ、同馬が突然暴れたため、振り落とされた。その腹いせか、オニール騎手は手綱を引いて同馬を引き寄せると、ヘルメットをかぶったまま馬の鼻に頭突き1発を食らわせた。

 この場面がBBCや競馬専門テレビで映し出されたことから、25日付の英各紙も大きく報道。競馬の監督機関までが調査に乗り出したという。ちなみに、オニール騎手はその後、同馬で4着に入線したが、レース後に「申し訳ない。2度とやらない」と謝罪したという。(夕刊フジ特電)

 暴れた際に馬はオニール騎手に向かって彼の家族の悪口を言ったことが発覚すれば、さらに大きなニュースになるのですが。

 動物愛護協会の影響が強いイギリスですからけっこう抗議もあるのでしょう。馬が可哀想という動物愛からくるもの以外にも、この馬の馬券を買っていた人からの騎手が頭突きしたために負けたのだろうという抗議も当然ながら出ているはずです。おそらく、日本のJRAで同様の事態が起これば、馬は鼻出血などの疾病を理由に競走除外にしたかもしれません。

『殴る騎手―JRAジョッキーたちの裏舞台』森田 駿輔

内容(「MARC」データベースより)
レース中に「殺す」と脅迫、ジョッキールームで鉄拳制裁。時速70kmの馬に乗って行う肉弾戦-「競馬」はまさに格闘技。それで食っている騎手たちは、実はこんなにトンデモない人々だった! ベテラン厩務員が明かす裏舞台。

『イギリスぱかぱか単独紀行』立川 末広

内容(「MARC」データベースより)
ある日、ひとりの男が競馬発祥国イギリスの競馬場(59カ所)完全踏破という暴挙に出た。しかし、彼は英語を読めない書けないしゃべれない、三重苦男だった…。日本の不良中年がイギリスで繰り広げる世にも奇妙な悲喜劇紀行。

『ダービー卿のイギリス―競馬の国のジェントルマン精神』山本 雅男

内容(「MARC」データベースより)
競馬はどのようにして生まれたか? 「ダービーという名はコイン投げで決めた」伝説の真相は? 競馬成立までの秘話を堪能できるとともに、競馬からみたイギリスの意外な素顔を発見できる。〈ソフトカバー〉

『競馬の文化誌―イギリス近代競馬のなりたち』山本 雅男

内容(「MARC」データベースより)
競馬はイギリス文化を映し出す鏡。競馬から、イギリスの貴族社会・階級社会や産業構造が見えてくるし、スポーツ発祥の国といわれるイギリス人のスポーツ観も窺い知ることができる。競馬を切り口にした文化論。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1


テポドンが「純情きらり」を直撃

2006/07/06 17:35
「テポドン直撃、NHK朝ドラ3度目休止」(日刊スポーツ−朝日 asahi.com)

 北朝鮮によるミサイル発射は、日本の放送界や芸能界も揺るがした。5日早朝のサッカーW杯準決勝生中継の中で第1報を流したNHKは、W杯中継を総合から教育に切り替えたり、朝の連続テレビ小説を11年ぶりに休止。民放もお笑い番組の中で政府の緊急会見を中継するなど、各局とも阪神淡路大震災並みの対応を迫られた。

(中略)

 同8時15分からの朝ドラ「純情きらり」第81話も休止した。これは89年1月7日の昭和天皇崩御、95年1月17日の阪神淡路大震災発生に続く3度目の措置。朝ドラは週単位で物語が構成されているため、6日に81話、7日に82話、8日午前8時15〜45分に、83話と84話を放送することになった。

 最近視聴率が低迷気味だったNHKの朝ドラですが、今期の「純情きらり」は主演に宮崎あおいを擁し、助演にも寺島しのぶや西島秀俊といった映画俳優をそろえる力の入れようで、7月1日の放送分は「日曜洋画劇場・M:I−2」や「SMAP×SMAP」を抑えて直近の週間視聴率ランキングトップの23%を獲得するなどひそかに人気を博しています。

 毎日の楽しみをテポドンに奪われて怒っている宮崎あおいファンも多いこととおもわれ、朝ドラの休止によって日本国民の北朝鮮への反感も心持ち高まったはずです。テポドン発射の日程はアメリカの独立記念日に合わせたといわれていますが、発射時間については日本の映像文化に詳しい金正日のことですから、朝ドラがつぶれるように計画したのかもしれません。

 ただ「純情きらり」の方は、最近ちょっと中だるみっぽい印象で、今週の味噌屋修行で宮崎あおいが戸田恵子にいびられる「渡る世間は鬼ばかり」みたいなストーリー展開は魅力に乏しく、序盤で劇団ひとりと川で水を掛け合っていた頃の青春少女的ヒロインの宮崎あおいをもっと見たい映画の宮崎あおいファンにとっては物足りない内容です。日本がテポドンの驚異に屈しないことも重要ですが、宮崎あおいファンとしては、劇中で宮崎あおいがテポドンよりも強力かもしれない戸田恵子の目ぢからに打ち勝って恋とピアノの青春ストーリーを取り戻してくれることを期待します。

関連:
「純情きらり」(Wikipedia)
「守るべきは3億円より宮崎あおい」(ぼすのできごと 06/04/12)
「ぼすのみた映画 『好きだ、』 」(ぼすのできごと 06/03/14)

『純情きらり―連続テレビ小説』

内容(「MARC」データベースより)
2006年4月スタートのNHK連続テレビ小説「純情きらり」のガイドブック。ヒロイン・宮崎あおい&主な出演者インタビュー、あらすじ紹介、舞台地・愛知県岡崎市の紹介、原案・津島佑子らへのインタビューなどで構成。

『宮崎あおい&宮崎将 たりないピース』

内容(「BOOK」データベースより)
インドを旅して考えたこと。「スラムの子や差別をうけている子は、どんなに好きな子ができても、付き合えないのかなぁって思うと切なかった」(あおい)。フェアトレード、カースト、スラム、路上生活、急速な経済成長の中で広がる貧富の格差。兄妹で旅をしながら20年後の持続可能な地球と暮らしを考える「2025プロジェクト」第1弾。

『祈り』宮崎 あおい

内容(「MARC」データベースより)
20歳を迎える宮崎あおいが中国16日間の旅の中で学んだこととは。本人が撮り下ろした写真を交えながら、過去・現在・そして未来をつづったフォトブック。

『宮崎あおい写真集 20TH ANNIVERSARY 「光」』

内容(「MARC」データベースより)
20歳になる前に見た、光。中国のやわらかい、光。心に射し込む、光。未来に放つ、光。いろんな色に変化する、光-。「光」をテーマにして撮影した宮崎あおいのポートレート写真集。

『エリ・エリ・レマ・サバクタニ 豪華盤』
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 0


あこがれのニッポン

2006/07/04 21:22
「仏2少女、マンガの国あこがれ日本向け家出 警察に保護」(朝日 asahi.com)

 日本の漫画やロックに魅せられたパリ郊外に住む16歳の少女2人があこがれの日本を目指して家出。鉄道を乗り継ぎポーランドにたどり着いたところで警察に保護された。陸路ロシアを横断し、船で日本に渡る計画を立てていたが、経由国でビザ(査証)が必要だとは知らなかったという。仏紙リベラシオンが報じた。

 同じ学校に通う2人は日本の忍者マンガ「NARUTO」や少女マンガ「ピーチガール」、日本のビジュアル系ロックの大ファン。「文化から生活スタイルまで何もかもがあこがれ」の日本に行こうと思い立った。

 朝鮮半島までの陸路は鉄道を乗り継ぎ、「海は船で渡ろう」と計画。6月22日にわずかな現金と携帯電話、携帯オーディオプレーヤー、漫画本を持って出発。ベルギー、ドイツを経由し、25日にポーランドからビザ無しでベラルーシに出国しようとしたところで国境警察に拘束されたという。

 フランスでは日本のアニメやコスプレ、Jポップが若者に絶大な人気で「オタク」「カワイイ」は仏語として定着。7月7〜9日にパリ郊外で開かれる日本の漫画やアニメなど日本文化の紹介イベント「ジャパン・エキスポ」には6万人の人出が予想されている。

 ジャンプ漫画やビジュアル系アーティストだけでなく、もう少し深く日本のサブカルチャーに接していればこんなことにはならなかったでしょう。少なくとも『猿岩石日記』の存在を知っていれば、国境を越えるにはビザが必要とか、飛行機を使わないと正直きびしいとかいったユーラシア大陸横断に必要不可欠の情報を得ることができたはずです。また事前に、「水曜どうでしょう」のヨーロッパ21ヶ国完全制覇編を見ておけば、ヨーロッパを移動するだけでも結構大変ということが分かったはずです。日本の現代文化にあこがれるならもう少し踏み込んだ知識を身につけておく必要があったようです。

 それでもW杯期間中のドイツを通過しながら、サッカーには何の興味も示さずに持ってきた漫画を読みふけって一路日本を目指しているのですから、これは正真正銘の腐女子です。この旅では残念ながらEU圏を出ることができませんでしたが、このニュースが日本にも伝わったおかげで、そのうちどこかのオタク系メディアが来日させてくれるかもしれません。

関連:
「オタク外交はじまる」(ぼすのできごと 06/05/09)
「世界中がフィギュア萌え」(ぼすのできごと 06/03/21)

『猿岩石日記〈Part2〉怒涛のヨーロッパ編』猿岩石 (著)

内容(「BOOK」データベースより)
2人の原点がここにある。アジア脱出から涙のゴールインまで有吉と森脇の感動旅日記後半。

『クイック・ジャパン (Vol.52)』

出版社/著者からの内容紹介2 水曜どうでしょう
◆「水曜どうでしょう」現象
◆「水曜どうでしょう」全企画/全企画解説対談
◆大泉洋/鈴井貴之/嬉野雅道/藤村忠寿インタビュー
◆永久保存版「水曜どうでしょう大辞典」
◆5人目の“どうでしょう班”インタビュー
安田顕(準レギュラー)/小松江里子(スタイリスト)/工藤哲也(音響効果)/土井巧(初代プロデューサー)
◆わたしも「一生どうでしょう」します!!
各界からの「どうでしょう」賛!!
◆完全放送リスト/観賞ガイド/豪華読者プレゼント
などなど
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


ディープインパクトにICチップ埋め込み

2006/07/03 18:49
「インパクト凱旋門賞へ国産馬MC1号」(日刊スポーツ)

 凱旋門賞(仏G1、芝2400メートル、10月1日=ロンシャン競馬場)に向けて調整されている5冠馬ディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎)に2日、国産馬として初めてマイクロチップ(MC)が埋め込まれた。フランスでは今年からすべての出走馬にMCが義務付けられているためで、池江泰郎師は「付けないと入厩できないようだから。初めて? そうみたいだね」と話した。

 MCとは、個体識別を行うため固有番号を書き込んだ超小型集積回路(IC)を内蔵したチップ(長さ14ミリ、太さ2ミリ程度)。馬の場合は、タテガミの生え際近くに埋め込まれる。安全で確実なもので日本でも来年度産駒から義務付けられる。イギリス、アイルランドでは、99年産駒から埋め込みが行われており、アサクサデンエンなど埋め込まれた状態で輸入された外国産馬の例はあるが、日本の国番号(392)と動物番号(11)を有するMCを埋め込まれた馬はインパクトが初めてとなる。

 第一号が超有名馬というのは印象的ですから、数十年後の競馬カルトクイズや競馬トリビアで取り上げられること必至の話題です。未来のクイズ出題者は「日本調教馬のマイクロチップ導入第一号は?」とすると、ディープインパクトが正解ではなくなるので注意が必要ですね。

 それにしても体内にマイクロチップというとSFの世界の話みたいで、なんとなく21世紀の競馬っぽいです。

 ICチップといえばJRのICOCCA(関東ではSuica)が思い起こされますが、同じようにディープインパクトのものも輸送の際の情報が記録されるのでしょう。

 チップの性能が上がればそのうちレースの着順や調教時計の記録にも利用されるかもしれません。すでに香港では騎手の帽子に発信機を取り付けてラップタイムを計測していますから、競馬の世界もデジタル化がどんどん進んでいます。

 調教馬の耳に無線の機器を取り付けてJRAから注意を受けた田原元調教師はちょっと先取りしすぎでした。


関連:「国産馬へのマイクロチップ導入第1号について」(JRA)

『三冠馬ディープインパクト強さの秘密』NHK取材班 (著)

内容(「BOOK」データベースより)
「空を飛んでいる!」武豊はそう表現した。21年ぶりに誕生した無敗の三冠馬ディープインパクト。そのアスリートを思わせる走りの真実に、NHK取材班が迫る。

『ディープインパクト〜無敗の三冠馬はこうして生まれた〜』

『ディープインパクト〜栄光(初回生産限定盤) 』猿谷紀郎
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


<<  2006年7月のブログ記事  >> 

トップへ

ぼすのできごと 2006年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる