ぼすのできごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ぼすのみた映画 『好きだ、』

<<   作成日時 : 2006/03/14 17:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「好きだ、」(2005年、日本)
監督/石川寛 出演/宮崎あおい、西島秀俊、永作博美、瑛太
第1回ニュー・モントリオール国際映画祭 最優秀監督賞


 河川敷でアコースティックギターを練習するヨースケ。

 ヨースケに好意を寄せつつも、それを言い出せないユウ。

 17年後に再会した二人、届かなかったあの日の想い。


 宮崎あおいは、画面にいるだけで存在感をかもし出している。

 『NANA』、『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』と立て続けに話題作へ出演、いま最も輝いている若手女優。

 長澤まさみが「太陽」で、蒼井優を「月」とすれば、宮崎あおいはその両方の魅力を兼ね備えている。

 もっと宮崎あおいを見ていたかったから、映画のなかの時間が17年後に移ったときには少しがっかりしてしまった。永作博美もいいのだけれど。

『tokyo.sora』

Amazon.co.jp
「マシュリ」「爽健美茶」などのCM演出で知られるディレクター石川寛の映画初監督作品。東京の空の下で暮らす、見ず知らずの6人の若い女性たち(板谷由夏、井川遥、仲村綾乃、高木郁乃、孫正華、本上まなみ)それぞれの日常の生活を、交錯したオムニバス形式で軽やかに捉えた作品。
脚本は事前に用意されておらず、撮影段階で台詞を紡ぎ出す(というよりも台詞そのものが異様に少ない)という実験的スタイルによって、映像的新鮮さと現代女性のリアル感はそこはかとなく醸し出されている。欲を言えばもう少し全体的なメリハリがほしかったところだが、そこを強調すると繊細な味わいが崩れてしまうだろうから難しいところではあろう。やがて見ず知らずの関係だった彼女たちは「tokyoのsora」によってひとつに結ばれていく過程も、ナチュラルで納得できるものではある。(的田也寸志)

『NANA -ナナ- スタンダード・エディション』

内容(「Oricon」データベースより)
東京にいる恋人のもとへと旅立つ女と、成功を夢見て上京してきたボーカリストの女との恋と友情と夢を描いた、漫画家・矢沢あい原作の青春ストーリー作品。中島美嘉、宮崎あおいほか出演。

『ユリイカ(EUREKA) 』

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
2年前、九州の地方都市で、バスジャック事件の現場に遭遇し、生き残った3人。彼らの過去から逃れられない苦しみと、新たに発生した連続殺人事件を絡めて、心の再生を描く感動ドラマ。主演は『うなぎ』の役所広司。

『害虫 スペシャル・エディション』

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
塩田明彦監督、『EUREKA』の宮崎あおい主演の思春期ドラマ。複雑で混乱した現実に心を閉ざす少女の日常を描く。ささやかな悪事を繰り返し自分を満たしてきた中学生のサチ子が、学校では居場所を失い、心の恋人・緒方先生を訪れる。

『祈り』 宮崎 あおい

内容(「MARC」データベースより)
20歳を迎える宮崎あおいが中国16日間の旅の中で学んだこととは。本人が撮り下ろした写真を交えながら、過去・現在・そして未来をつづったフォトブック。

『宮崎あおい写真集 20TH ANNIVERSARY 「光」』

内容(「MARC」データベースより)
20歳になる前に見た、光。中国のやわらかい、光。心に射し込む、光。未来に放つ、光。いろんな色に変化する、光-。「光」をテーマにして撮影した宮崎あおいのポートレート写真集。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぼすのみた映画 『好きだ、』 ぼすのできごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる