ぼすのできごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 小泉首相:愛知万博弁当持ち込み禁止は不便

<<   作成日時 : 2005/03/30 19:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「愛知万博の弁当持ち込み禁止、首相「不便、検討を」」(朝日)

 愛知万博(愛・地球博)でのお弁当の持ち込み禁止に対し、来場者から「子供を連れていくのに不便」といった不満が出ていることを受けて、小泉首相が再検討の指示を出していたことがわかった。

 昨日のノーネクタイ提唱につづいて、愛知万博の弁当持ち込み禁止にも物申しています。最近の小泉首相、べたなぎ国会で予算もあっさり成立してしまって暇なのでしょうか? 先月にはフジテレビ系の『EZ!TV』で放映された犯人に追いかけられて逃げる警官を見て激怒し、国家公安委員長を叱りつけていましたし。小泉首相も「きっかけはフジテレビ」です。

 首相就任時に話題になった「小泉内閣メールマガジン」は、現在も配信中で3月24日で181号となっています。内容は地方自治体の広報レベルの当たり障りがないものですが、継続は力なりともいいます。どうせなら、眞鍋かをりを目標に首相ブログでもはじめたらどうでしょうか? 僕も首相と相互トラックバックしてみたいです。

 首相は29日、周辺に「(不満は)その通りだ」と語り、万博を担当する経済産業省に対して「変更するように検討してほしい」と促した。首相の意図について、政府関係者は「業者にカネを落とさせるだけが目的で、来る人のことを全く考えていない、と思っているのではないか」と話す。」

 業者への利益誘導なのは小泉首相でなくとも見え見えで、経済産業省も弁当持ち込み禁止が露骨なルールなのは認識していたはずです。それでも、開幕するまで改められなかったのは万博主催者が悪い意味でのお役所仕事しかしなかったからでしょう。

 経産省博覧会推進室によれば、弁当を持ち込み禁止としたのは食中毒防止のためで、ペットボトルや缶、ビン入りの飲み物も安全対策上の理由からご法度としていた。同省では、国会議員を含めて各方面から不満の声が寄せられていると認めており、「今後の運用で変える可能性はある。どこまで認めるかは検討中だ」としている。

 エリート官僚たちの頭脳を集結させて、「弁当とは何か?」が議論されます。家庭で作って持ち帰って再利用可能な弁当箱に入った弁当はもちろんOKでしょう。コンビニ弁当やほかほか弁当は会場で容器を捨てられると困りものです。食中毒の危険が高い生モノはまずいので、すしや刺身、生卵はNGです。カップラーメンはどうなのでしょう?

 どうせなら、世の料理評論家や料理の鉄人・達人を総動員して愛知万博公式弁当を決定したらいいのではないでしょうか。素材とレシピと盛り付け例を公開し、この弁当なら持ち込み可とするのです。ああ、それも新たな利権を生みますね。2ちゃんねらーによる「非公式弁当を入場門前で食べるOFF」とかが実施されそうです。

きょうの一冊:
大丈夫、ケンタロウさんのお弁当だよ!
『ドーンと元気弁当』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小泉首相:愛知万博弁当持ち込み禁止は不便 ぼすのできごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる